製造

ISO

弊社は、「生姜の製造」において規制要求事項に適合する製品や、サービスを一貫して提供できるような信頼を確保する為に、品質マネジメントの国際標準化機構「ISO9001:2000」の認証を2006年に取得しました。

生鮮生姜を取り扱う生鮮生姜パッキングセンターでは、品質マネジメントシステムを取り入れ、作業の「見える化」「仕組み化」「習慣化」に取り組み各工程のマニュアルを作成、教育を徹底します。例えば作業エリアへの入室時における服装や外傷のチェックを行うことで工場内に菌を持ち込まないこと、工場内では5S「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」に基づき異物混入の危険を未然に防ぐことを徹底します。作業の中でも特に熟練の経験が必要な原料のトリミング工程はマニュアルに沿って定期的に勉強会を実施することで作業員の技術が向上しトリミングされた原料が作業員の熟練度に関わりなく高水準の品質を保ちます。

P「やることを決める」D「実行」C「評価し問題点を見つける」A「問題点の改善」を念頭に、作業に対して絶えず問題意識を持ち工程を見直しより安全、より高品質を求め内部監査・外部監査を行い積極的に改善点の洗い出し是正処置の実施によって継続的に行い会社全体で安全性を確保し常に高品質な製品をお客様に提供します。


HACCP

食の安全の国際標準として欧米を始め多数の国で導入されているHACCPよる衛生管理を目指し、 高知県食品衛生総合衛生管理認証の第3ステージ(HACCP12手順+一般衛生管理基準)を取得しました。

原料の入荷・受入から製造工程、さらには製品の出荷までのあらゆる工程において、発生するおそれのある生物的・化学的・物理的危害要因をあらかじめ分析(危害要因分析)し、その工程(重要管理点)を定めます。そして、この重要管理点に対する管理基準や基準の測定法などを定め、継続的に実施しています。また、購入原料の安全性確認も前提条件として実施しています。

これまでの最終製品の抜き取り検査に比べて、より効果的に安全性に問題のある製品の出荷を事前に防止できるようになりました。


  • 品質へのこだわり

    当社では、お客様に安心安全な商品をお届けするため、製品の原料履歴のトレース管理や外部機関による品質管理に関する認証取得に取り組んでいます。

  • 栽培

    生姜の栽培においての良好な農場生産工程管理を行う為に設定された219項目の管理点について管理圃場ごと規定どおり管理できているかをチェック・評価を行い、それをもとに年1回社内での内部監査を行います。

  • 製造

    弊社は、「生姜の製造」において規制要求事項に適合する製品や、サービスを一貫して提供できるような信頼を確保する為に、品質マネジメントの国際標準化機構「ISO9001:2000」の認証を2006年に取得しました。

  • トレーサビリティ

    お客様に安全・安心な製品を保証するために、弊社では栽培から出荷に至る製品について、どの原料を、いつ、どういう工程にて生産したのか、トレーサビリティ(traceability)が可能なシステムを導入し管理しています。

  • 残留農薬検査

    食品中に残留する農薬などが人の健康に害を及ぼすことの無いよう、厚生労働省は全ての農薬・飼料添加物・動物用医薬品について、残留基準を設定しています。