ブログ

台風10号

今月の生姜畑

天気 曇時々晴一時雨 最高気温 30.1°


 台風10号で被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

高知県も9月6日から7日にかけて最接近しました。暴風域外でしたが、かなりの強風が長時間続きました。
 ショウガも強風を受け、倒伏防止のネットを張っていますが、場所によっては茎折れの被害が出ています。

 9月・10月は地下部(食用部)が充実する時期になります。晴天と適度な雨を期待しながら、来月の収穫に向けて準備を進めています。


露地栽培 8月の管理作業

今月の生姜畑

天気 晴時々曇 最高気温 32.6°


長い梅雨もようやく明け、夏本番がやってきました。
連日、高温注意報が出る暑さですが、ショウガは久しぶりの日差しに喜んでいるようです。

8月は、追肥や除草作業、散水などの管理作業を行い、ショウガが順調に生育するようサポートしています。また、台風に備えてネットも準備しています。

写真は「追肥」を行っているところです。
熱中症に注意しながら、こまめな管理を続けます。


ハウス栽培 収穫

今月の生姜畑

天気 曇時々雨 最高気温 27.9°

高知県内は今のところ大きな被害は発生しておりませんが、連日の雨続きとなっています。

弊社の新生姜を栽培している施設ハウスでは7月より収穫が始まりました。

春先の低温の影響か、昨年よりはやや小ぶりのようですが、ずっしりとしてみずみずしく育っています。

ハウス内は蒸し暑いですが、ショウガの爽やかな香りが広がっています。

収穫は8月中旬まで続きますので、熱中症などに注意しつつ作業を行っていきます。




露地栽培 敷き藁

今月の生姜畑

天気 曇り 最高気温 25.9°


5月31日に四国地方の梅雨入りが発表されました。
この時期の作業は晴れ間を見ての蒸し暑い中での作業になります。

写真は「敷き藁」と言ってショウガの株元にワラを敷く作業です。

弊社ではサトウキビが原料の「ケイントップ」を使用しています。土の乾燥を防ぐ保湿効果、雑草が生えるのを防ぐ防草効果、土の中の塊茎(ショウガの食べる部分)が大きくなるスペースの確保や日焼けや虫害から守る品質保持効果、来作以降の堆肥効果等々があります。

まだ6月に入ったばかりですが、暑い日には最高気温が30℃近くになることもあります。
熱中症には充分気を付けて、管理作業を進めていきます。


ハウス栽培 土寄せ

今月の生姜畑

天気 晴れ 最高気温 28.7°


 2月に植え付けしたハウスのショウガは、4月中旬に芽が出て、順調に生育しています。

今は「土寄せ」と言って、ショウガの茎元に土をかぶせていく作業の真っ最中です。

この時期のショウガは茎の数が1~3本ですが、これから茎が増え、ショウガの塊茎(食べる部分)が大きくなっていくので、そのためのスペースを確保し、品質の良いショウガを出荷するためには欠かせない作業です。7月の収穫に向けて、暑い中ですが、しっかりと管理しています。

露地のショウガは、今月下旬には芽が出るでしょうか。来月には、芽の出た写真を皆さんにお届けできるかもしれません。


ハウスのその後と露地の植え付け開始

今月の生姜畑

天気 晴れ 最高気温 19.0°


 2月上旬にビニールハウスに植え付けしたショウガも3月末から芽が出始めました。
2月3月と暖かい日が続いたこともあり、生育も順調に進んでいます。
また3月末より露地ショウガの植え付けが始まりました。
機械で作った植え付け溝に種を1つ1つ手作業で並べていきます。
その後、均一に土をかけ、保温のための不織布を張ります。
今年は天候に恵まれ順調に作業が進んでいます。植え付けは4月末頃まで続きます。



植え付け前準備

今月の生姜畑

天気 晴れ/曇り 最高気温 17.4°

 3月末からの植え付けに向けて、畑の土作り・畝づくりと並行して、植え付ける種の「種割り」作業を行います。

 ショウガの種は昨年秋に収穫したショウガです。
「種割り」の作業は1株のショウガを2~4コブ程度の植え付けに適した大きさに割っていきます。
同時に病気や腐り、芽の異常等がないか確認しながら、種の選別を行っていきます。

 ショウガを割る「パキン、パキン」という良い音と、動き始めたショウガの白い芽を見ると、いよいよ春がやってくるなとワクワクした気分になります。




ハウス栽培 植え付け

今月の生姜畑

天気 晴れ 最高気温 14.3°


南国高知でも冷え込む日が続いていますが、例年よりは寒さがゆるく感じます。

県内では、温暖な気候を利用した施設(ハウス)栽培が盛んに行われています。弊社でも無加温ハウスで新生姜を生産しており、毎年2月上旬に植え付けを行っています。

2月でも初夏の陽気を感じるハウス内で、1つ1つ手作業で植え付け溝に種イモを並べていきます。例年通りであればハウス栽培の収穫は7月上旬からの予定です。

また露地栽培では、先月に引き続き肥料散布・畝つくり等の作業を進めています。


土づくり(肥料散布)

今月の生姜畑

天気 曇り 最高気温 15.5°


明けましておめでとうございます。
昨年のホームページリニューアル時より開設させていただいたこのブログですが、本年も引き続き生姜畑について情報発信していきますのでよろしくお願い致します。

年末年始は全国的に暖冬ということで、高知県も例外ではなく比較的暖かい日が続いています。
畑では4月の植え付けに向けての準備がもう始まっていて、先月に引き続き土づくりの作業を行っています。

肥料散布機も使用していますが、写真のように人力での散布もまだまだ多いです。数種類の資材(肥料)を均一になるように注意しながら行っていきます。
これが終わると畝作りが始まります。


収穫を終え、来年の準備へ

今月の生姜畑

天気 晴れ 最高気温 16.2°


寒さが本格的になる前に、無事に収穫を終えることができました。
ホッとする間もなく、次の作付けの準備に取りかかります。

ショウガの茎葉を畝の上に上げる「茎上げ」を行った後、チッパーで茎を細かくします(写真の作業)。
茎葉が分解しやすくなり、次作のための緑肥(養分)となります。

この後はトラクターによる耕運、排水対策のためサブソイラで固くなった土を破砕をしたり、堆肥の散布等の作業が続きます。
こうして来年も良い生姜が栽培できるように土づくりをしていきます。